全国高校陸上、中長距離種目の京都勢。

8/2の1日目に、1500mの予選があった。京都から男子選手の出場はない。近畿インターハイで敗れている。女子は立命館宇治の桶谷さんが出場して、4.24.99で3組5着だった。+4にも拾われず予選敗退となった。

 

8/4は、5000mの予選があった。洛南の赤星くんと京都外大西の山田くんが出場した。二人とも1組で、山田くんが14.44.63で7着。赤星くんは14.48.17で10着だった。+3にも拾われず予選敗退となった。

 

8/5は、男子3000mSCの予選があった。洛南の三浦くんが予選4組で出場。京都インターハイで8.52.27の高2最高記録を叩き出し、近畿インターハイでも8分52秒台で走った。京都選手権では37℃の猛暑の中、9.03で優勝。その時はハードリングで足をかけておらず、キプラガットに勝てるかもしれない唯一の選手だと思っていた。その三浦くんがまさかの失格。他の選手を妨害したということらしい。

予選2組で出場した京都外大西の富山くんは、2着9:07.95で決勝進出。三浦くんの分も決勝で頑張って欲しい。

 

800m決勝があった。洛南の山岡くんが1.53.42で7着だった。まだ2年生で決勝に残ったのだから立派だった。

 

3000m予選は、立命館宇治の桶谷さんが出場。2組7着9.31.68だった。+3にも拾われず予選敗退。

 

こうしてまとめてみると、予選敗退が多く残念だ。だが、2年生が多い。京都外大西の山田くんと富山くん以外は2年生で来年がある。今回の借りを来年の沖縄で返して欲しい。富山くんには一つでも上の順位でゴールして欲しい。

 

 

 

 

8月4日の全国高校陸上は、800mと5000mだ。

男子800m予選7組に出場した東播工の山﨑くんは、1.55.17の3着で準決勝進出はならなかった。山﨑くんは、兵庫インターハイ優勝。近畿インターハイ2位の選手。2018年のランキング6位の1.51.63のタイムを持つ選手。他の組は一着のタイムが52、3秒なのに、7組だけは一着が54秒というスローな展開。東播予選、兵庫インターハイ、近畿インターハイと山﨑くんのレースを見てきたが、いずれも一周目は後方待機で、先頭を走るタイプではなかったので、スローな展開なら準決勝進出は十分可能だったはずなのに何があったんだろう。山﨑くんは、7月16日の兵庫選手権で大学生と一緒に走り1.54.50の4着だった。暑さに弱く、調子を落としているのかもしれない。まだ国体がある。山﨑くんの走りを見たい。

 

18時半からは、5000mがある。藤本くん(西脇工3)が3組で出場だ。2018年のランキングでは上位にいないので不安ではあるが、まずは予選突破を決めて欲しい。

 

 

8月2日の全国高校陸上男女1500mの結果と8月3日の決勝について。

8月2日は女子1500mの予選が行われた。

予選3組で桶谷さん(立命館宇治)は、4.24.99だった。1500mは、4組3着までと上位4人までが決勝へ進出するのだが、桶谷さんは6番目で、惜しくも決勝へ進出できなかった。大会前の今季ベストが4.27.30だったから、約2.5秒もベストタイムを更新している。35℃は超えていたであろう環境ですごい。3000mの方でも頑張ってほしい。

f:id:namonakirunner:20180802200700j:image

 

予選1組は、廣中さんが4.21.75で2着。2017年全中1500m優勝の不破さんは4.24.50で組6着の全体の5着で決勝進出ならず。

f:id:namonakirunner:20180802200639j:image

 

予選2組は、須磨学園の大西さんが3着で決勝進出。

f:id:namonakirunner:20180802201253j:image

http://kirokukensaku.net/0IH18/detail_20180802_01020050100.html

 

8月3日15時30分

女子1500m決勝スタートリスト

http://mierk.jp/mo/2018/10_IH/RS34_0_6_1_0_0.html

 

次に男子1500m予選。こちらも4組3着+4が決勝進出の条件。

1組は、田辺工の都筑くんが近畿インターハイの時のように積極的に先頭を走っていた。結果は3着。4着と100分の3秒差で決勝へ進出。林田くんは、4番手くらいをキープしラスト100mでスパートして、一着でゴール。

https://youtu.be/BnMjh9yfsX

f:id:namonakirunner:20180802203201j:image

 

4組は、+4人が全てこの組から出るハイペース。佐野日大の樋口くんなんて、今季のベストを8秒弱も更新。高校生は何があるかわからない。

f:id:namonakirunner:20180802204016j:image

http://kirokukensaku.net/0IH18/detail_20180802_01001050100.html

 

8月3日15時45分 

男子1500m決勝スタートリスト

http://mierk.jp/mo/2018/10_IH/RS5_0_6_1_0_0.html

 

男女1500m決勝の開始は15時台。選手が日射病で倒れることなどありませんように。

NHKEテレで放送ある。

 

8月2日の全国高校陸上は男女1500mの予選がある。

8月2日は、男女1500mの予選がある。 

男子1500mは、京都と兵庫の選手が近畿インターハイで全員が破れてしまったので残念なのだが、その中で応援したいのは、田辺工の都筑勇貴くん。近畿インターハイの1500m決勝を観戦して印象に残っているのは、ハイペースで突っ込んでいく姿。どこかで力尽きて西脇工の選手に抜かれるだろうと思っていたが、そのまま先頭でゴールしたのには驚いた。5000mでも興国高のンガンガくんが先頭に立つまでの序盤は、先頭を引っ張っていた。結果は惜しくも7位で全国には行けなかったのだが。

近畿インターハイ1500m決勝のレース経過は、

400m 58秒 都筑

800m 2分01秒 大森(智辯カレッジ)

1200m 3分04秒 都筑

1500m 3分50秒89 都筑

大森くんはまだ一年。7位で全国へは行けず。

 

1500mに出場する留学生は、B.モゲニ(大分東明3年)とK.ジョスファット(遊学館2年)。都筑くんと留学生2人が決勝に進めたのなら、レース展開は、飛び出す留学生2人についていく都筑となるのではないだろうか。

 

女子の1500mは、廣中さんが優勝争いをするのだろう。

桶谷さん(立命館宇治)には、決勝まで行ってもらいたい。

大西さんと樽本さんの須磨学園勢も応援している。

 

競技一覧

http://mierk.jp/mo/2018/10_IH/index.html

7月22日開催の第32回士別ハーフマラソンに実業団選手と大学生は誰が出場するのか調べた。

6月11日に招待選手13名が発表された第32回士別ハーフマラソン。その後、6月13日に3名が追加発表された。

男子招待選手は、

大森澪(富士通

谷川智浩(コニカミノルタ

佐藤孝哉(中国電力

鈴木大貴YKK)

早川翼(トヨタ自動車

奥野翔弥(トヨタ自動車九州

山口修平(旭化成

士別ハーフマラソン大会

 

招待選手以外で出場する実業団選手と有力大学の選手を調べてピックアップした。

 

コニカミノルタ

菊地賢人、ポール・クイラ

大会スケジュール-コニカミノルタ陸上競技部 | コニカミノルタ

 ポール・クイラは、59分47秒のベスト記録を持っている。

菊地賢人のベストは日本歴代4位の60分32秒。復活なるか。

 

SGHグループ

飯沼健太、塚田空、菊池貴文、柿原聖哉、南雲翔太、林竜之介、八巻雄飛、井上錬

SGホールディングス - 【SGホールディングスグループ陸上競技部 競技スケジュール】

 

安川電機

中本健太郎、久保田大貴

スケジュール - 安川電機陸上部

 中本は、5月13日に仙台国際ハーフを1時間05分15秒で走っている。

 

東海大学

選手は不明

大会情報 - 東海大学陸上競技部中長距離競歩ブロック

 

中央学院大学 

有馬圭哉③、大濱輝③、川村悠登③、石綿宏人②、青柳達也①、栗原啓吾①、松井尚希①

中央学院大学 | 駅伝部|大会予定

 

 

 

 

 

にわかでも、海外の試合に出る陸上中長距離選手の情報を得る3つの方法

①選手と選手の所属先のTwitterやインスタをフォローする。

これだと一日前か当日には情報が得られる。


②偉大な先輩の力を借りる。

EKIDEN Newsの競技会カレンダーや柳原元さんのブログ GENさんのスポビズ日記の昨年の記事などからレースを探し、公式サイトにアクセスする。

スタンフォード招待なら、エントリーは9日前、組分けは2日前に分かった。
マウントサックリレーやペイトンジョーダン招待も過去に日本人選手が走っているので、公式サイトにアクセスすれば、エントリーなら選手本人の発表より早く情報を入手できる。


③日本人選手がお世話になっているチームのインスタから予想する。

Bryan Clay Invitationalは、これまで日本人中長距離選手が走ったことはなかったようで、4月10日の時点ではEKIDEN Newsの競技会カレンダーにもGENさんの日記にも記載はなかった。4月21日現在では、EKIDEN Newsの競技会カレンダーは修正されて、Bryan Clayの記載がある。

にもかかわらず4月10日に私は、以下のツイートで田母神もアメリカで走るなら舟津と同じレースになり、Bryan Clayを走るのではないかと予想した。

予想した根拠は、中央大の舟津、富士通の松枝、積水の松崎が練習しているバウワーマンのインスタだ。

f:id:namonakirunner:20180421082416j:plain

2017年4月15日のbowermantcのインスタに所属選手がBryan Clayの1500mに出場するとある。

舟津はスタンフォード招待の後帰国までに2試合出るらしい。
https://blog.goo.ne.jp/gyanagihara/e/11990213a9a31eedb06186f581b6c04a

一つはBryan Clayであと一つは、Drake Relaysだと予想している。
f:id:namonakirunner:20180421090140j:plain

2017年4月29日のbowermantcのインスタに所属選手がDrakerelaysの1500mに出場するとある。

ドレイク・リレーは、現地4月25~28日に開催される。大学生競技者のスタートリストは、現地4月22日に発表される。時差は、14時間だから日本では23日になるのではないだろうか。

ドレイク・リレーの公式サイト
http://godrakebulldogs.com/sports/2015/11/24/DR_1124155806.aspx?path=dr

ドレイク・リレーは、Twitterのアカウントある。
@DrakeRelays

ドレイク・リレーは、アプリある。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avai.ampct.drake

ドレイク・リレーは、ブログ世界の中長距離に情報がある。
http://sekatyu.blog.jp/tag/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC

EKIDEN Newsの競技会カレンダーには、4月21日には、まだDrake Relaysの記載はない。
http://ekiden-news.jp/?p=10394
f:id:namonakirunner:20180421094033j:plain

4月7日開催の第27回金栗記念選抜陸上中長距離大会2018について

16時40分からの男子1500m
出場選手は、

原岡昇平 立命館大
木村理来 東海大
中谷浩崇 内田治療院AC
冨田三貴 西鉄
松本葵 大塚製薬
小笠原柊 日立物流
小松陽平 東海大
小林航央 筑波大学
秦将吾 大塚製薬
川崎椋太 国士舘大学
的野遼太 MHPS
廣瀬大貴 大阪ガス
川瀬翔矢 皇學館大学
宮平健太郎 日薬大
ロナルド ケモイ 小森コーポレーション
村山紘太 旭化成
上村純也 SUBARU
秋本優紀 山陽特殊製鋼

この中で、日本選手権の参加標準記録A 3.45.00をクリアしていないのは、
原岡昇平 立命館大
中谷浩崇 内田治療院AC
冨田三貴 西鉄
松本葵 大塚製薬
小笠原柊 日立物流
川崎椋太 国士舘大学
的野遼太 MHPS
廣瀬大貴 大阪ガス
川瀬翔矢 皇學館大学
宮平健太郎 日薬大
村山紘太 旭化成
秋本優紀 山陽特殊製鋼

秋本優紀は、3月30日(土)の第54回兵庫県実業団陸上競技選手権大会で、1500m 3.59.22だった。

4月22日の兵庫リレーカーニバルの男子グランプリ1500mにも出場するのは、
ロナルド・ケモイ 小森コーポレーション
小林航央 筑波大学
木村理来 東海大
秦将吾 大塚製薬
上村純也 SUBARU
廣瀨大貴 大阪ガス


19時30分からの男子5000m6組
出場選手は、
松枝博輝 富士通
市田旭化成
塩尻和也 順天堂大学
中川智春 トーエネック
平和真 カネボウ
栁利幸 日立物流
服部弾馬 トーエネック
佐藤悠基 日清食品グループ
牟田祐樹 日立物流
山藤篤司 神奈川大
大石港与 トヨタ自動車
坂東悠汰 法政大学
中村信一郎 九電工
永戸聖 山梨学院大学
西澤佳洋 小森コーポレーション
潰滝大記 富士通
市川孝徳 日立物流
荻野太成 神奈川大
浅岡満憲 日立物流
仲村尚毅 旭化成
代田修平 カネボウ
山本修平 トヨタ自動車
目良隼人 MHPS
高橋尚弥 安川電機
外国人選手は省略

アメリカから帰国した松枝博輝がどんな走りをするのか気になる。東海大の關、鬼塚、館澤、阪口らも走ったスタンフォード招待に出場して帰国するのではないかと思ったが、金栗記念が2018年トラックシーズンの初レースになる。

この中で、日本選手権の参加標準記録A 13.43.00(3000m 7.55.00)をクリアしていないのは、
佐藤悠基 日清食品グループ
牟田祐樹 日立物流
山藤篤司 神奈川大
大石港与 トヨタ自動車
坂東悠汰 法政大学
中村信一郎 九電工
永戸聖 山梨学院大学
西澤佳洋 小森コーポレーション
潰滝大記 富士通
市川孝徳 日立物流
荻野太成 神奈川大
浅岡満憲 日立物流
仲村尚毅 旭化成
代田修平 カネボウ
山本修平 トヨタ自動車
目良隼人 MHPS
高橋尚弥 安川電機


19時10分からの女子5000m3組
出場選手は、
安藤友香 スズキ浜松アスリートクラブ
倉岡奈々 デンソー
小井戸涼 日立
野田沙織 肥後銀行
荘司麻衣 デンソー
矢田みくに デンソー
森林未来 デンソー
田中智美 第一生命グループ
加藤優果 中京学院大
新井沙紀枝 肥後銀行
宇都宮恵理 JP日本郵政グループ
佐藤早也伽 積水化学
林田みさき 豊田自動織機
藪下明音 豊田自動織機
管野七虹 豊田自動織機
小泉直子 デンソー
篠塚麻衣 ユニバーサル
山ノ内みなみ 京セラ
逸木和香菜 九電工
宮田佳菜代 新潟医福大
秋山桃子 ユニバーサル
外国人選手は省略

この中で、日本選手権の参加標準記録A 15.40.00をクリアしていないのは、
安藤友香 スズキ浜松アスリートクラブ
森林未来 デンソー
田中智美 第一生命グループ
加藤優果 中京学院大
新井沙紀枝 肥後銀行
宇都宮恵理 JP日本郵政グループ
佐藤早也伽 積水化学
林田みさき 豊田自動織機
藪下明音 豊田自動織機
管野七虹 豊田自動織機
小泉直子 デンソー
篠塚麻衣 ユニバーサル
山ノ内みなみ 京セラ
逸木和香菜 九電工
宮田佳菜代 新潟医福大
秋山桃子 ユニバーサル


安藤友香のトラック種目出場が興味深い。10000mで、兵庫リレーカーニバルにも出場する。里内コーチから杉山コーチに指導者が変わったからなのか、今年はマラソンに向けてのスピード強化の狙いからなのか。

大会は、17日9時30分から https://freshlive.tv/ で生放送する。