京都ユース1年5000mを観戦してきた。

目当ての選手は、洛南高校1年の諸冨湧君。
2016中学3000mランキングで15位8.38.82の選手だ。
その記録を出した記録会を観戦していた。
佐々木、服部、林田の各中学記録を更新していた選手達と遜色ないと思った。

それから注目していて、都道府県対抗男子駅伝では、持ちタイム通りのいい走りをしている。
2区を走って区間5位の8.39で、トップに立った。
京都チームの4位入賞(6年ぶり)に貢献している。

全日本中学校選手権の結果も調べてみた。
3000mの決勝に進出し9位。タイムは、8.43.99。

京都インターハイ5000mでは、5位。洛南勢としては、3位岩嵜君(3年)15.05、4位盛本君(2年)15.06、そして諸冨君(1年)15.07になる。

近畿インターハイ5000mでは、15.07で10位。1年生では、留学生のンガンガ君に次ぐ2位。洛南勢のトップだった。

今日の5000mですが、諸冨君は、エントリーリストで唯一の14分台。
その実力通りスタートからトップで独走していた。
ラップは、33、71、72、72、72、72、73、73、73、73、74、73、66

1000m2.58、2000m6.00、3000m9.02、4000m12.06、5000m15.03

f:id:namonakirunner:20170819211835j:plain

自己ベストは、エントリーリストの14.57だと思うのだが、31.5℃の気温で15.03で走れたのだから、冬の記録会で自己ベストの更新は間違いない。

駅伝シーズンの話をすれば、1年でエース区間の1区10kmを走ってもおかしくない。

今日の観戦でそう思った。

2017年大阪国際女子マラソンを現地観戦するので、優勝候補選手の自己記録と今季成績を調べた。

2017年の大阪国際女子マラソンを現地観戦する。

予備知識があった方が面白いから、優勝候補の選手について自己記録と2016年の成績を調べた。伊藤舞は、リオ五輪から大会成績を調べた。

 

 

伊藤舞

自己記録 

3000m 9分17秒06 

5000m 15分44秒97

10000m 32分07秒41 2013

ハーフマラソン 1時間09分57秒 2015

マラソン 2時間24分42秒 2015 

 

2017年1月15日

皇后杯第35回全国都道府県対抗女子駅伝 

9区:10km 33分41秒 (22位)


2016年12月23日 

第35回山陽女子ロードレース 

1時間11分39秒(5位)
 

2016年10月23日 

第2回全日本実業団女子駅伝予選会(プリンセス駅伝)

3区:10.3km 33分27秒 (8位)

 

2016年10月9日 

第5回徳島中長距離記録会 女子5000mA組

16分12秒96 (1位)

 

2016年9月19日 

第4回徳島中長距離記録会 女子3000mA組

9分40秒80 (5位)

 

2016年8月14日 

リオ五輪 女子マラソン

2時間37分37秒(46位)

 

 

重友梨佐

自己記録 

3000m 9分24秒17 2006

5000m 15分32秒41 2006

10000m 33分25秒48 2012

ハーフマラソン 1時間10分49秒 大阪国際女子マラソン中間点 2016

マラソン 2時間23分23秒 2012

 

 2016年12月23日 

第35回山陽女子ロードレース 

1時間11分47秒 (6位) 

 

2016年11月27日 

第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会クイーンズ駅伝

6区:6.795km 21分34秒 (5位)

 

2016年5月21日

中国実業団陸上競技選手権大会 10000m 

34分05秒47 (3位)

 

2016年4月10日 

第1回岡山陸上競技記録会 5000m 

16分23秒94 (1位)

 

2016年1月31日

第35回大阪国際女子マラソン大会

2時間30分40秒(5位)

 

 

堀江美里

3000m 9分30秒88 

5000m 15分58秒62 

10000m 32分40秒82 

ハーフマラソン 1時間10分26秒

フルマラソン 2時間26分40秒

 

2017年 1月5日 

第6回シーガイアカップひむかレディーストライアル(宮崎) 5000m 

16分33秒82  (2位)

 

2016年12月23日 

第35回山陽女子ロードレース 

1時間12分30秒 (9位)

 

2016年11月27日 

第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会クイーンズ駅伝

5区:10.0km 33分36秒 (6位)

 

2016年10月23日

第2回全日本実業団女子駅伝予選会 (プリンセス駅伝)

5区:10.4km 35分56秒00 ( 6位)

 

2016年10月16日 

第5回住友電工杯(伊丹) 5000m 

16分16秒01  (3位)

 

2016年9月25日 

第64回全日本実業団対抗陸上選手権大会(長居) 5000m1組 

16分08秒44 (4位)

 

2016年9月23日 

第64回全日本実業団対抗陸上選手権大会(長居) 10000m1組 

33分03秒18 (6位)
 

2016年9月17日 

ウェスティーハーフ(チェコ) ハーフマラソン 

1時間14分05秒 (12位)

 

2016年9月10日 

ビレル・プラハ10k(チェコ) 10000m 

34分10秒 (10位)

 

2016年7月3日 

ゴールドコーストマラソン2016  フルマラソン    

2時間26分41秒 優勝 自己新 コース新

 

2016年5月20日 

第60回関西実業団陸上競技選手権大会  

10000m 33分16秒81  (2位)

5000m 16分07秒54 (4位)

 

2016年5月8日

第26回仙台国際ハーフマラソン大会  ハーフ 

1時間13分21秒 (3位)

 

2016年4月23日 

第64回兵庫リレーカーニバル  5000m 

16分12秒04 (10位)

 

2016年4月2日  

2016年プラハハーフマラソン ハーフ 

1時間14分12秒 (14位)

 

2016年1月31日 

第35回大阪国際女子マラソン  フルマラソン 

2時間28分20秒 (2位)

 

 

竹中理沙

3000m 9分11秒40 2008 

5000m 15分24秒99 2010 

10000m 32分07秒08 2014 

ハーフマラソン 1時間10分10秒 2014

フルマラソン 2時間28分09秒 2015

 

2016年11月27日 

第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会クイーンズ駅伝

1区:7.0km 21分51秒 (2位)(新)

2016年10月23日 

第2回全日本実業団女子駅伝予選会 (プリンセス駅伝)

1区:7.0km 22分39秒 (2位)(新)

 

2016年7月14日

2016 ホクレン北見大会 5000m 

15分49秒75 (11位)

 

2016年6月25日

Olomouc Half Marathon 2016 ハーフマラソン 

1時間12分53秒 (4位)

 

2016年5月21日 

Mattoni Karlovy Vary Half Marathon ハーフマラソン 

1時間11分52秒 (4位 17人中)

 

2016年5月2日 

2016 Lilac Bloomsday Run 12km 

40分38秒 (6位 45人中)

 

 2016年1月31日 

第35回大阪国際女子マラソン  フルマラソン 

2時間29分14秒 (3位)

 

 

加藤岬

5000m 15分23秒98  

10000m 31分59秒72 2016  

マラソン 2時間31分04秒 2016

 

2016年12月23日 

第35回山陽女子ロードレース 

1時間10分42秒 (2位)

 

2016年11月27日 

第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会クイーンズ駅伝

3区:10.9km 34分52秒 (3位)

 

2016年9月25日 

第64回全日本実業団対抗陸上選手権大会(長居) 女子5000M 

15分23秒98 (4位) ※自己新

 

2016年9月23日

第64回全日本実業団対抗陸上選手権大会(長居) 女子10000m 2位 

31分59秒72 (2組-2位) ※自己新
 
2016年08月27日

第3回蛸ヶ谷記録会 女子3000M 

09分15秒93(1位 )

 

2016年 1月31日 

第35回大阪国際女子マラソン  フルマラソン 

2時間31分04秒 (6位)初マラソン

 

 

 

優勝予想

優勝は、伊藤舞か堀江美里か加藤岬だと思う。

 

伊藤舞は、リオ五輪のレース2週間前に右足第4中足骨の疲労骨折だった。

それでも、リオ五輪フルマラソンを走り9月からレースに出場している。

 

堀江美里は、2016年の大阪国際女子マラソンは、故障で1か月前にスタートラインに立てるかどうかも分からなかった状況。

昨年4月からレースに出場し、7月のゴールドコーストマラソンでは、2時間26分41秒の自己新で優勝している。

 

加藤岬は、大阪国際女子マラソン後しばらくしてから右脛骨(けいこつ)の骨折が判明

8月からレースに復帰している。

 

伊藤舞重友梨佐、堀江美里、加藤岬が出場した12月23日の山陽女子ロードレースのハーフマラソンで順位を見てみると、

②加藤岬 1時間10分42秒

伊藤舞 1時間11分39秒

重友梨佐 1時間11分47秒

⑨堀江美里 1時間12分30秒

 

山陽新聞digital 2016/12/24 「実力派ランナーが世界へ存在感 山陽女子ロードでそろって上位」によると、

加藤岬は大阪国際女子マラソンのシュミレーションとして出場して、課題だった後半の走りに好感触を得たそうだ。

伊藤舞は、「まだまだということが分かったのが収穫。ここからしっかり練習を積みたい。」

 

 

自己記録を見てみると、

堀江美里は、今季ゴールドコーストマラソンで自己ベストを更新している。駅伝でも上位の結果を残している。

加藤岬は、今季5000mと10000mの自己ベストを更新しており、駅伝でも上位だ。

 

 

大阪女子マラソンのペース設定だが、ペースメーカーは中間地点までで、タイムは1時間12分前後だ。

堀江美里は、最近のハーフマラソンでは、1時間12分から12分30秒でしか走れていない点に不安がある。しかし、自己ベストは1時間10分26秒だから問題ないか。

 

 

加藤岬は、フルマラソンの実戦経験が昨年の大阪国際女子マラソン以来になるのが不安点だ。しかし、一昨年は月間1000kmを越えることができなかったが、昨年は10月と12月に1000kmを越えたという。

 

以上のことから考えると、堀江美里の優勝かな。

全国高校駅伝を観戦に行く。多くの区間で西脇工業の選手を応援できるように電車の時間とかを調べた。男子編

高校駅伝男子の観戦計画である。
西脇工業を応援する。
阪急電車と地下鉄を利用し、より多くの区間で現地観戦できるように考えてみた。

f:id:namonakirunner:20161223234739j:plain
陸上競技マガジン1月号別冊付録P72、73より引用

1区の選手は、西京極陸上競技場で応援する。
2区の選手は、地下鉄今出川駅付近で応援。
出口1か出口3から出れば、選手が目の前を走る。

3、4区の選手は、地下鉄国際会館駅付近で応援する。
5区の選手、地下鉄今出川駅まで戻ってきて応援する。出口2、出口4か出口6から出れば、選手が目の前を走る。

6区の選手は、阪急電車と地下鉄の最寄り駅がないので、現地で応援できない。
7区の選手は、西京極陸上競技場に戻ってきて応援する。

2区の選手の応援に間に合うように、地下鉄今出川駅へ行くにはどうすればいいだろうか。
1区の選手は、29分30秒で第1中継所に来るとする。第1中継所から、今出川駅までは約800m。第1中継所で襷をつないで、2分後くらいにやってくるだろう。12時30分にスタートなので、今出川駅には、13時01分30秒に選手がやってくる。これに間に合う電車はあるのか。

西京極駅12時40分発 烏丸駅12時46分着
地下鉄に乗り換え
四条駅12時54分発 今出川駅13時00分着
ぎりぎりだ。
1本前の電車だと、
西京極駅12時31分発 烏丸駅12時37分着
地下鉄に乗り換え
四条駅12時47分発 今出川駅12時52分着

西京極駅12時31分発の電車に乗るためには、12時30分の号砲前の移動になる。1区の選手のアップだけを見て移動だ。確実にいくには仕方ない。

次に、3、4区の選手を応援するための国際会館駅までの移動だ。2区で8分20秒、3区で24分30秒と仮定すると、第3中継所まで62分20秒かかる。時刻は、13時32分20秒になっている。

今出川駅13時08分の電車がある。これに乗れば、国際会館駅13時18分着だから、余裕だ。10分しかかからない。1本遅い13時15分の電車でも、国際会館駅13時25分。

5区の選手の応援は、国際会館駅から今出川駅に戻っての応援だから、余裕だ。出口は、2か4か6。
6区の選手は、阪急と地下鉄の最寄り駅がないから、現地で応援できない。

7区の選手の応援は、西京極陸上競技場へ戻ってする。ゴールタイムを2時間04分20秒と想定すると、西京極陸上競技場へは、14時34分までに到着しなければならない。

各区の想定タイムである。
1区29分30秒
2区8分20秒
3区24分30秒
4区23分30秒
5区9分
6区と7区で、29分30秒

今出川駅前は、14時02分頃の通過だろう。
今出川駅14時02分発 四条駅14時07分着
阪急電車に乗り換え
烏丸駅14時14分発 西京極駅14時19分着

1本後の電車は、
今出川駅14時09分発 四条駅14時15分着
阪急電車に乗り換え
烏丸駅14時26分発 西京極駅14時31分着
こちらの電車になりそうだ。

阪急西京極駅からメインスタンドまでは、約800m。バックスタンドまでなら約500m。走って5分くらい。西京極駅14時31分着で、陸上競技場には14時36分の到着か。ゴールシーンは見られなさそう。
5区の現地応援を諦めて、7区の選手の応援を確実にするかだ。


f:id:namonakirunner:20161223234438j:plain

スムーズな移動に、ピッタリの切符がある。阪急電車が発売している、「歩くまち・京都レール切符(1日版)」という切符だ。今回の観戦で利用する、阪急の区間京都市営地下鉄全線が1日乗り降り自由で、1300円。

男子駅伝の観戦では、西京極駅から今出川駅の往復と今出川駅から国際会館駅の往復で、1420円かかる。
午前の女子駅伝観戦で利用すれば、西京極駅から鞍馬口駅までは、往復で900円。
普通に払えば、合計2320円かかるのが1300円になるのだからお得だ。
発売場所は、河原町・桂ごあんないカウンターほか。

全国高校駅伝を観戦に行く。多くの区間で西脇工業の選手を応援できるように電車の時間とかを調べた。女子編

女子の観戦計画である。
西脇工業を応援する。
阪急電車と地下鉄を利用し、より多くの区間で現地観戦できるように考えてみた。

f:id:namonakirunner:20161222214836j:plain
陸上競技マガジン1月号別冊付録P74より引用


1区の選手は西京極陸上競技場で応援する。
2区と3区の選手は、阪急電車と地下鉄を利用し、第2中継所付近で応援したい。
地下鉄鞍馬口駅付近の第2中継所へは、歴代のタイムからトップ校の西脇工業なら10時52分頃の通過が予想される。

これに間に合うような電車の乗り継ぎは可能なのだろうか。
まず、10時20分の号砲後、西京極駅10時31分発 烏丸駅10時37分着の阪急電車に乗る。
地下鉄に乗り換えて、四条駅10時47分発 鞍馬口駅10時54分着の電車に乗る。
これだと、おそらく2区、3区の選手を応援できない。

四条駅10時39分発 鞍馬口駅10時46分着の電車があるが、阪急電車から2分で地下鉄の乗り換えは無理だと思う。
入賞争いをするようなチームは、10時20分のスタート前に西京極駅まで移動しなければ、より多くの選手を現地で応援できないようだ。

西京極駅10時21分発 烏丸駅10時27分着
地下鉄に乗り換え
四条駅10時32分発 鞍馬口駅10時39分着の電車か、四条駅10時39分発 鞍馬口駅10時46分着の電車に乗る。

これは、10時20分の号砲前の移動になる。アップする1区の選手は見られるだろうから、現地で1、2、3区の選手を応援できる。
これでいこう。

鞍馬口駅の出口のことも書いておく。1出口は、東側で、2区の選手と折り返すまでの3区の選手が目の前を走る。2出口は、西側で、折り返した3区の選手が目の前を走る。

4区の選手は、阪急と地下鉄の最寄り駅がないので、現地応援できない。

5区の選手は西京極陸上競技場に帰ってきて応援する。
優勝タイムを歴代の優勝タイムから、1時間7分30秒と仮定すると、西京極陸上競技場へ帰ってくるのは、11時27分30秒。
これに間に合う電車は、
鞍馬口駅11時01分発 四条駅11時08分着
阪急電車に乗り換え
烏丸駅11時16分発 西京極駅11時22分着
の電車しかない。

阪急西京極駅から、ホームストレート側の観客席までは、約800m。バックストレート側の観客席までなら約500m。走って5分くらいだろう。11時27分頃に着くから、ゴールテープを切る瞬間を見られるかぎりぎりの時間である。


f:id:namonakirunner:20161222214046j:plain

スムーズな移動に、ピッタリの切符があるようだ。阪急電車が発売している、「歩くまち・京都レール切符(1日版)」という切符だ。今回の観戦で利用する、阪急の区間京都市営地下鉄全線が1日乗り降り自由で、1300円。

女子の観戦で利用する西京極駅から鞍馬口駅までは、往復で900円。
男子駅伝の観戦では、西京極駅から今出川駅の往復と今出川駅から国際会館駅の往復で、1420円かかる。
普通に払えば、合計2320円かかるのが1300円になる。男女両方の駅伝観戦を考えている人にはお得な切符です。
発売場所は、河原町・桂ごあんないカウンターほか。

滋賀県で開催された全国中学校駅伝大会へ観戦に行ってきた。

全国中学校駅伝大会の優勝校は、男子が兵庫の平野中学校。女子が京都の桂中学校だった。
女子の2位は兵庫の荒井中学校で、兵庫県が男子女子共に上位に入り、観戦に行ったかいがあった。

f:id:namonakirunner:20161220154934j:plain

来年も滋賀県で開催されるならば、観戦に行くだろう。その時の参考に記録しておく。

会場の希望が丘文化公園への最寄り駅は、野洲駅
野洲駅北口から、片道300円でバスが出ている。
お金のある人はタクシーで行ってください。
所要時間は、15分くらい。

運行時間は、野洲駅北口から希望が丘文化公園までのバスが7:30~10:50まで(20分間隔)、希望ヶ丘文化公園から野洲駅北口までのバスが11:45~15:45まで(20分間隔)

北口のワシダ駐車場のあたりに、格安チケットの自販機がある。京都駅から野洲駅まで500円のところ、自販機で買えば、なんと480円です! 

競技開始時間は、女子が11時男子が12時15分ということで、お昼ご飯をどこで食べるかだが、フライドポテトやから揚げ、滋賀県らしく鮒寿司、うどんなどを売っていた。おにぎりやお弁当は売っていない。野洲駅にはセブンイレブンが入っているので、そこでおにぎりやパンを買っていけばいい。応援に来ている中学生は、お母さんの手作りおにぎりを食べていた。

午後のおやつが食べたい人には、シフォンケーキやシュークリームが売っていた。
飲み物の自動販売機もある。
レストランは営業していたのか分からないが、あることはある。

f:id:namonakirunner:20161220152609j:plain

全国中学駅伝ミルクパイや薄焼きせんべいが800円で売っていた。中学生のような純粋な心が失われてしまっているためか、駅伝とパイやせんべいなんて関係ないやんと思ってしまった。
お土産に買って帰り、嫁に見せると、「なにそれ。」とうけていた。

公式プログラムは、2000円で売っていた。正直高い。月陸2冊分だ。陸マガ2冊分でもある。係員の人が「高いね。」なんて言われて、「大会のためにお願いします。」みたいなことを言っていた。

滋賀県大会のプログラムは、300円で売っていた。こちらはお求めやすい価格になっている。

肝心の観戦をどこでするかだ。
女子の時は、1区スタート地点付近で観戦していたが、目の前を通ったのは5区の選手のみで、これはダメだと思ったので、男子からは、陸上競技場の第1コーナーで付近で観戦した。

陸上競技場の第1コーナーは日陰だった。上はアウター、パーカー、シャツとTシャツを着て、下は、
ズボンの下にタイツを履いて、マフラーをしていれば日陰でも寒いことはなかった。天気は晴れで気温は11℃ 弱い風(2m/s)が吹いていた。
お尻が濡れないようにレジャーシートを持っていけば万全だ。

陸上競技場の第1コーナーでの観戦は正解だった。1区の愛知千種中服部と長崎桜が原林田によるトップ選手同士のラストスパート対決を見ることができたし、兵庫の平野中が優勝のゴールテープを切る瞬間を見ることができたからだ。

優勝インタビューや、観戦している人と話をしていて聞いたのだが、部活はバスケットやサッカー、吹奏楽をしていたという陸上部でない子が結構いるようだった。女子優勝校の桂中学でもバスケ部の選手がいた。これをきっかけに陸上長距離を好きになってもらいたいものだ。

体調不良で走れないので、状態を記録し原因を考えてみた。

14日(水) 喉に違和感が出る。鼻水が出るようになった。熱はない。 

15日(木) 喉がいがいがする。鼻水が出る。熱はない。ポイント練習をしようか迷うも休む。

16日(金) 喉がいがいがする。鼻水が出る。熱はない。無理をすれば走れそうだが、休む。

17日(土) 朝起きると喉に痛みがあったが、その後無くなる。喉はまだ荒れていそうだ。鼻をかむ回数は減る。妻も体調が悪くなったよう。この日も走らない。

18日(日) 喉は少し荒れているが、その他は問題ないので10kmのジョグをした。妻の体調も回復する。

原因と対策を考えてみた。
14日にトレイルランをした。着替えずに電車に乗って帰った。寒いとは感じなかったが、体が冷えたのが原因か。
対策はすぐ着替える。

私には、ハウスダストアレルギーがある。14日に衣類の整理をした。その時に、マスクをしていなかったので、衣類のほこりを吸い込み、喉の痛みとくしゃみが出るようになったのかもしれない。
対策は、掃除の時はマスクをする。

妻に、「いつもこの時期に体調を崩してない?」と言われた。10、11月でマラソンを3回走った。その蓄積された疲労が原因かもしれない。
対策は、睡眠時間を増やす。昼寝をしようと思う。

13日に娘が体調をやや崩していた。お腹が緩かったのだ。その原因が感染性のもので、私に伝染し体調を崩したのかもしれない。

3日休んで走られるようになった。
その間、睡眠時間は8時間以上取り、バランスのよい食事を心掛けた。薬は飲んでいない。

全国中学校駅伝大会を観戦に行くので、有力選手等について下調べした。

中学中長距離の有力選手といえば、服部凱杏(かいしん)、林田洋翔、馬場勇一郎、佐々木塁だ。

服部は、800mランキング2位、1500mランキング2位、3000mランキング2位

林田は、1500mランキング3位、3000mの中学記録保持者

馬場は、800mの中学記録保持者、1500mランキング4位、3000mランキング4位

佐々木は、800mランキング10位、1500m中学記録保持者、3000mランキング3位

800mのランキング順は、馬場(中学記録保持者)、服部、佐々木
1500mのランキング順は、佐々木(中学記録保持者)、服部、林田、馬場
1500mは、今季ランキングトップ3が、中学歴代トップ3でもある。

3000mのランキング順は、林田(中学記録保持者)、服部、佐々木、馬場

3種目で2位の馬場が可哀相だ。生まれた年によっては、3種目でランキングトップだったかもしれないのに。

この4人のなかで、全国大会に出場するのは、服部(千種中 愛知)と林田(桜が原 長崎)の2人だ。

服部は、全日中1500m優勝とジュニア五輪Aで2位
林田は、全日中・国体少年B・ジュニア五輪Aと今季三冠

服部は、県大会で3.2kmを8.21.で区間
林田は、県大会で3.0kmを8.34.で大会(区間)新記録
地区大会で4.0kmを11.51.で区間

佐々木は、岩手県大会で3.1kmを8.55.の区間賞で走るもチームは2位で全国大会出場を逃している。1位との差は、6秒。おしい!

馬場は、県大会に出場していない。地区予選で負けたのかな。

チームは、兵庫の平野中を応援する。
平野中の有力選手は、岸本健太郎
1500mで4.07.50のランキング79位
3000mで8.40.85のランキング18位
県大会で、3.2kmを9.45.で区間
地区大会で、3.2kmを9.05.で区間
ぜひ、西脇工へ進学して欲しい。

女子は、ぜひ桂(京都)にV3を達成してもらいたい。

コースはおおむね平坦な芝生走路。

男子は、6区間18kmを走る。
区間3km

女子は、5区間12kmを走る。
1区と5区が3kmで、2、3、4区は、2km