読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年は、「ダニエルズのランニング・フォーミュラ」を参考にトレーニングしている。

11月23日のフルマラソンでの自己ベスト更新を目標に、今年は、ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版 に基づいてトレーニングをしている。

18週間の2Qプログラムに基づいてトレーニングを開始した。

Qとは、Qualityの頭文字で、質の高いトレーニングのことです。ポイント練習のことですね。要するにしんどい練習です。

2Qとは、一週間に2回しんどい練習をします。
18週間のプログラムなので、7月20日からフルマラソンに向けてのトレーニングを開始した。

夏真っ盛りにトレーニングをしていると、設定タイム通りに走れない。

著者のダニエルズ博士は、自己ベストからインターバルやマラソンペース走をする時の設定タイムが分かる表を作成しているのだが、その設定タイムを守って走ることができない。

私の場合、VDOTは55です。
レベル55です。

E(Easy)ペースは、1km4:34-5:10
M(Marathon)ペースは、1km4:10
T(Threshold)ペースは、1000m3:56
I(Interval)ペースは、1000m3:37
R(Repetition)ペースは、200m40 300m61 400m81

以上の設定ペースで練習をするのですが、それを守れないし本数もこなせない。

M、Tペースは、だいたい10秒遅い。
Iペースは、冬に5本できているインターバルを3、4本しかできない。

設定ペース通りにQ練習を、ほぼ達成していない。
本数、走行距離は6割といったところか。
夏の暑さが悪いとは思うものも、Q練習をこなせないと、精神的にきつい。
自信をなくしてしまう。

これで自己ベストを更新できるのだろうか。
それとも、練習を開始する時期を涼しい11月にして、2月のレースを本命にするべきか。

今シーズンは、夏場からフルマラソンの練習を始めて自己ベストを更新できるか、という問いに答えをを出すシーズンだな。