読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全国高校駅伝を観戦に行く。多くの区間で西脇工業の選手を応援できるように電車の時間とかを調べた。男子編

高校駅伝男子の観戦計画である。
西脇工業を応援する。
阪急電車と地下鉄を利用し、より多くの区間で現地観戦できるように考えてみた。

f:id:namonakirunner:20161223234739j:plain
陸上競技マガジン1月号別冊付録P72、73より引用

1区の選手は、西京極陸上競技場で応援する。
2区の選手は、地下鉄今出川駅付近で応援。
出口1か出口3から出れば、選手が目の前を走る。

3、4区の選手は、地下鉄国際会館駅付近で応援する。
5区の選手、地下鉄今出川駅まで戻ってきて応援する。出口2、出口4か出口6から出れば、選手が目の前を走る。

6区の選手は、阪急電車と地下鉄の最寄り駅がないので、現地で応援できない。
7区の選手は、西京極陸上競技場に戻ってきて応援する。

2区の選手の応援に間に合うように、地下鉄今出川駅へ行くにはどうすればいいだろうか。
1区の選手は、29分30秒で第1中継所に来るとする。第1中継所から、今出川駅までは約800m。第1中継所で襷をつないで、2分後くらいにやってくるだろう。12時30分にスタートなので、今出川駅には、13時01分30秒に選手がやってくる。これに間に合う電車はあるのか。

西京極駅12時40分発 烏丸駅12時46分着
地下鉄に乗り換え
四条駅12時54分発 今出川駅13時00分着
ぎりぎりだ。
1本前の電車だと、
西京極駅12時31分発 烏丸駅12時37分着
地下鉄に乗り換え
四条駅12時47分発 今出川駅12時52分着

西京極駅12時31分発の電車に乗るためには、12時30分の号砲前の移動になる。1区の選手のアップだけを見て移動だ。確実にいくには仕方ない。

次に、3、4区の選手を応援するための国際会館駅までの移動だ。2区で8分20秒、3区で24分30秒と仮定すると、第3中継所まで62分20秒かかる。時刻は、13時32分20秒になっている。

今出川駅13時08分の電車がある。これに乗れば、国際会館駅13時18分着だから、余裕だ。10分しかかからない。1本遅い13時15分の電車でも、国際会館駅13時25分。

5区の選手の応援は、国際会館駅から今出川駅に戻っての応援だから、余裕だ。出口は、2か4か6。
6区の選手は、阪急と地下鉄の最寄り駅がないから、現地で応援できない。

7区の選手の応援は、西京極陸上競技場へ戻ってする。ゴールタイムを2時間04分20秒と想定すると、西京極陸上競技場へは、14時34分までに到着しなければならない。

各区の想定タイムである。
1区29分30秒
2区8分20秒
3区24分30秒
4区23分30秒
5区9分
6区と7区で、29分30秒

今出川駅前は、14時02分頃の通過だろう。
今出川駅14時02分発 四条駅14時07分着
阪急電車に乗り換え
烏丸駅14時14分発 西京極駅14時19分着

1本後の電車は、
今出川駅14時09分発 四条駅14時15分着
阪急電車に乗り換え
烏丸駅14時26分発 西京極駅14時31分着
こちらの電車になりそうだ。

阪急西京極駅からメインスタンドまでは、約800m。バックスタンドまでなら約500m。走って5分くらい。西京極駅14時31分着で、陸上競技場には14時36分の到着か。ゴールシーンは見られなさそう。
5区の現地応援を諦めて、7区の選手の応援を確実にするかだ。


f:id:namonakirunner:20161223234438j:plain

スムーズな移動に、ピッタリの切符がある。阪急電車が発売している、「歩くまち・京都レール切符(1日版)」という切符だ。今回の観戦で利用する、阪急の区間京都市営地下鉄全線が1日乗り降り自由で、1300円。

男子駅伝の観戦では、西京極駅から今出川駅の往復と今出川駅から国際会館駅の往復で、1420円かかる。
午前の女子駅伝観戦で利用すれば、西京極駅から鞍馬口駅までは、往復で900円。
普通に払えば、合計2320円かかるのが1300円になるのだからお得だ。
発売場所は、河原町・桂ごあんないカウンターほか。