にわかでも、海外の試合に出る陸上中長距離選手の情報を得る3つの方法

①選手と選手の所属先のTwitterやインスタをフォローする。

これだと一日前か当日には情報が得られる。


②偉大な先輩の力を借りる。

EKIDEN Newsの競技会カレンダーや柳原元さんのブログ GENさんのスポビズ日記の昨年の記事などからレースを探し、公式サイトにアクセスする。

スタンフォード招待なら、エントリーは9日前、組分けは2日前に分かった。
マウントサックリレーやペイトンジョーダン招待も過去に日本人選手が走っているので、公式サイトにアクセスすれば、エントリーなら選手本人の発表より早く情報を入手できる。


③日本人選手がお世話になっているチームのインスタから予想する。

Bryan Clay Invitationalは、これまで日本人中長距離選手が走ったことはなかったようで、4月10日の時点ではEKIDEN Newsの競技会カレンダーにもGENさんの日記にも記載はなかった。4月21日現在では、EKIDEN Newsの競技会カレンダーは修正されて、Bryan Clayの記載がある。

にもかかわらず4月10日に私は、以下のツイートで田母神もアメリカで走るなら舟津と同じレースになり、Bryan Clayを走るのではないかと予想した。

予想した根拠は、中央大の舟津、富士通の松枝、積水の松崎が練習しているバウワーマンのインスタだ。

f:id:namonakirunner:20180421082416j:plain

2017年4月15日のbowermantcのインスタに所属選手がBryan Clayの1500mに出場するとある。

舟津はスタンフォード招待の後帰国までに2試合出るらしい。
https://blog.goo.ne.jp/gyanagihara/e/11990213a9a31eedb06186f581b6c04a

一つはBryan Clayであと一つは、Drake Relaysだと予想している。
f:id:namonakirunner:20180421090140j:plain

2017年4月29日のbowermantcのインスタに所属選手がDrakerelaysの1500mに出場するとある。

ドレイク・リレーは、現地4月25~28日に開催される。大学生競技者のスタートリストは、現地4月22日に発表される。時差は、14時間だから日本では23日になるのではないだろうか。

ドレイク・リレーの公式サイト
http://godrakebulldogs.com/sports/2015/11/24/DR_1124155806.aspx?path=dr

ドレイク・リレーは、Twitterのアカウントある。
@DrakeRelays

ドレイク・リレーは、アプリある。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.avai.ampct.drake

ドレイク・リレーは、ブログ世界の中長距離に情報がある。
http://sekatyu.blog.jp/tag/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC

EKIDEN Newsの競技会カレンダーには、4月21日には、まだDrake Relaysの記載はない。
http://ekiden-news.jp/?p=10394
f:id:namonakirunner:20180421094033j:plain