8月4日の全国高校陸上は、800mと5000mだ。

男子800m予選7組に出場した東播工の山﨑くんは、1.55.17の3着で準決勝進出はならなかった。山﨑くんは、兵庫インターハイ優勝。近畿インターハイ2位の選手。2018年のランキング6位の1.51.63のタイムを持つ選手。他の組は一着のタイムが52、3秒なのに、7組だけは一着が54秒というスローな展開。東播予選、兵庫インターハイ、近畿インターハイと山﨑くんのレースを見てきたが、いずれも一周目は後方待機で、先頭を走るタイプではなかったので、スローな展開なら準決勝進出は十分可能だったはずなのに何があったんだろう。山﨑くんは、7月16日の兵庫選手権で大学生と一緒に走り1.54.50の4着だった。暑さに弱く、調子を落としているのかもしれない。まだ国体がある。山﨑くんの走りを見たい。

 

18時半からは、5000mがある。藤本くん(西脇工3)が3組で出場だ。2018年のランキングでは上位にいないので不安ではあるが、まずは予選突破を決めて欲しい。